ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

片流れの家

子世帯の離れとして建築。

東側に隣接して建物があるため、片流れ屋根の勾配天井とし高窓を設けるプランに。

高窓により朝から明るく、また杉の天井板や樺桜の床板、珪藻土など

自然素材の仕上げによって心地いい空間となりました。